解せぬ日記

雑な話をする

Developers Summit 2013に行ってきた(2日目)

2日目も参加してきたので、まとめとく。

AmazonのDevOpsを支えるAWSクラウド

Amazon.comでは11秒に1回デプロイしてて、1時間で1079回もデプロイしたことがあるらしい。 そんな回数になるとほとんどのことが自動化されてるんだろうけど、UIの崩れとかはどうやって検知してんだろか。

リソースを調達するのに待ち時間が発生するのはナンセンスだと言ってたけど、確かにそれはそうかもと思う。

Webが生み出し始めた世界

インターネットの物理モデルとかを科学技術館がどっかに作った人の話だった。 色々と宣伝してたけど、ニコニコ学会は超面白そうだなーと思った。

最後のほうの話はちょっと抽象度が高すぎて咀嚼しきれてない。 Webとかインターネットとかではなく、デバイスの話になってたような気もするし、これからは音声に回帰していくんではないかとのこと?(ちょっと自信ない)だった。 他の方のブログみて僕も勉強したい。

単に僕の頭が悪いってことだと思う。

モバイルファースト再考

モバイルファーストをもう一度考えましょうとのこと。 スマートフォンでしかサービスをやらないとかそういうことがモバイルファーストなのではなく、モバイル端末を起点としたサービス戦略や理論がモバイルファーストであると。

モバイルでしかできないことや、モバイルの特性を活かすのが前提で、日々の生活で人々がどんな行動をとっているのかをよく観察することが大事だと言ってた。

端末を色々触らんと理解できないことも多いと思うし、Nexus7買ってよかった。 iOSとAndroidではやっぱ色々と感覚が違うことも多い。

モバイルを使い倒していきましょうとのこと。

SQLアンチパターン

例の本の話。

よさそうな本だった。 あくまでアンチパターンだけでなく解決方法や、アンチパターンを使ってもよい例外的な条件なども載ってるらしい。

これは買いな気がする。

ワンクリックデプロイ

単純にワンクリックデプロイといっても、そこまでにやることは大量にある。 ほとんどすべてのことを自動化していかないと無理。

データベースへの大きな変更が入る(切り戻しができなくなる)場合は、切り戻しできるような工夫、例えば削除するカラムは残しておいて、しばらく運用してから削除するとかが必要そう。 自分に当てはめてみると見た目の部分のテストをどんだけ自動化していくかが課題のような。

アジャイルサムライ

どの現場でも試行錯誤で自分たちなりに色々試してるんだなと言う感じ。

新しいことを始める場合は、まず始めちゃおうということ。 始めて、成果をだして、困ったことがあったらアウトプットとして出して学び合おうよということだった。

一緒に始める人いなかったから一人でペアプロしたと言ってたけど、そのぐらい頭おかしくいきたいですね。

同僚の人とあったんだけど、改善したいと鼻息荒く言ってたのがうれしかった。

とまあ2日目のまとめはこんな感じ。