読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

解せぬ日記

雑な話をする

英語をやっていくためのDuo3.0デスクトップアプリを作った話

以前、英語をやっていくためのDuo3.0アプリを作り直した話 - 解せぬ日記で書いたとおりReactNativeで作ったモバイルアプリを使ってDuo3.0をやってきたわけだけど、それをやっていると今度はデスクトップアプリが欲しくなってきた。やっぱりタイピングはそっちのほうが早く時間も節約できる。僕は普段、ArchLinuxを使ってて、仕事ではMacOSXを使っているので、気がついたらElectronを使って作ってた。Duo3.0アプリ芸人みたいな様相を呈してきたけど、僕はボキャビルがしたいだけなんだ。

成果

以下、成果になります。

vimeo.com

ソースコードも置いとく。小さいのでElectronやってみたい人が雰囲気を眺めるには良いかも知れない。

github.com

TL;DR

Electronに関してはサンプル程度だが前に書いたこともあり、中身はJavascriptとHTMLで書くということで、React入れて、ロジックとJSX書いて、トランスパイルして、JS読み込むという感じなのでシュッとアプリを書くには非常によい。

実装に関して

難易度

今回はデスクトップアプリとはいえ、メニューバーに常駐したりするわけでもなく、アプリ自体のメニューとかも別にどうでも良かったので、Electronで実装されてるAPIにはあまり触れてない。MenuItemとかTrayとかそういう類のやつ。たぶんこの辺を触り始めると、これぞElectronという特有の知識が必要になって、難易度も上がるんだろうと思う。そこを触らないのであれば、APIを眺めることもあまりないと思う。

アプリサイズ

これはよく言われてることで、そのままビルドすると異常なサイズになる。普通にやってしまうとnode_modulesとかも一緒にいれてしまうのが原因で、いちいちnode_modulesやら必要ないものは外す必要がある。最初、何も考えずにビルドしたら400MBぐらいあってウケた。色々含めないようにして100MBぐらいになった。音声ファイルが40-50MBぐらいあるので、まあそんなもんかなという感じ。

音声の再生

これはもうHTML5使えるからめちゃめちゃ楽でaudioタグを使って終わり、何も難しいことはない。FlutterやReactNativeでは大変だったので有り難し。

Diff

モバイルアプリを使ってて見にくいなーと思ったのが、一瞬でどこ間違ったか分からないことだった。間違った箇所を確認するのに時間を取られてしまい、効率的ではない。ということで、diffを導入して、差分で間違ったところだけを赤くするようにした。diffライブラリを使っていて、addedのステータスの単語を赤く表示している。ただこれ回答側に余分な単語、例えば冠詞がないのに冠詞をつけていた場合は、何も表示されないのでなんとかしたいが、いいUIが思いつかない。とりあえずaddedだけでも必要十分な気がしたので、これでやっていってる。

まとめ

全体としてシュッと出来たなという感じ。フロントエンドマンならもっと早くできるんだろう。2ヶ月前ぐらいに作って、これ使ってやりまくってたら、45セクションを2日で終わらすみたいなこともできるようになってきて、めでたい。何気にセンテンスのjsonを別の例文に変えても使えるので、新しく覚えたい例文とか足していってもいいかもしれないですね。

やっていき。